コンテンツ

和式から洋式に変更するトイレリフォーム

水周りの専門業者に相談することで、和式のトイレから洋式トイレに変更するトイレリフォームができます。トイレ内に段差があるタイプの和式トイレの場合は、工事で段差をなくすこともできますし、段差を活用したタイプのトイレを選ぶこともできます。和式から洋式トイレに変更したときのメリットについてみていきましょう。

■お年寄りにも使いやすいトイレになる

まず、和式のトイレから洋式トイレに変更することで、足腰の弱いお年寄りでも快適にトイレを利用することができるようになります。とくにひざに痛みを抱えているお年寄りの場合は、和式トイレでしゃがむときに苦痛を感じている人もいるでしょう。しかし、洋式トイレに変更をすると、膝を大きく曲げることなく利用することが可能です。水周りの専門業者では、洋式トイレへの変更だけでなく、手すりなどの取り付けの相談やアドバイスもしてくれます。

■自分に合ったトイレが選べる

洋式トイレには、水を節約できるタイプのものやウォシュレット、トイレタンクがないタイプなど種類が豊富です。和式トイレから洋式に変えることで、自分が希望する機能をもったトイレを選べるメリットがあります。それぞれのトイレの特徴については、水周りの専門業者で確認することができます。プロの担当者からアドバイスを受けることで、希望どおりの機能をもったトイレを選ぶことができます。

■まとめ
和式のトイレから洋式に変更したいときは、水周りの専門業者に相談して工事をしてもらうことができます。洋式のトイレに変更することで、お年寄りも使いやすいトイレに変わり、同時に手すりの設置も可能です。また、節水型のトイレなど、自分が希望するタイプのトイレに変えられるのもトイレリフォームのメリットです。希望のタイプが決まっていない場合は、水周りの専門業者に相談しながら洋式トイレを選ぶのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ