コンテンツ

トイレを明るくするトイレリフォーム

トイレリフォームというとトイレの交換などをイメージするかもしれませんが、壁紙を張り替えて室内を明るくすることもできます。さらに、トイレの交換で床に古い便器のあとが残るようなときは、床の張替えについても水周りの専門業者に相談できます。こちらでは、トイレリフォームで壁紙を張り替えた方が良い事例について紹介します。

■和式から洋式トイレに変更する場合

トイレに段差がある和式トイレを洋式トイレに変更する場合は、段差を取り除くための床の工事を行う場合があります。トイレの段差を取り除いた後は、壁紙が張り付いている部分とない部分とに分かれてしまいます。この際、見た目の印象良くするために、壁紙を新しく張り替えることがあります。床が新しくなるので、壁紙も一緒に新しくすると見た目の印象が良くなります。

■壁紙に臭いが染みついている場合

壁紙に臭いが染みついているときにも、新しい壁紙に張り替えることがあります。たとえば、汲み取り式の古いタイプのトイレから水洗トイレに変更するようなときは、壁紙に臭いがついていることがあり、臭い解消のために壁紙も変更するような場合です。
壁紙の変更をしたほうがいいかどうか迷うときは、水周りの専門業者のスタッフに相談してアドバイスを受けるのがおすすめです。

■まとめ
トイレのリフォームでは、トイレ本体の交換だけでなく壁紙や床の張替えもできます。たとえば、トイレ内に段差がある和式のトイレから洋式のトイレに交換するときは、新しい床に合わせて壁紙も新しく張り替えることができます。また、壁紙に臭いが染みついてしまっているときは、トイレ内の匂い解消のために壁紙を新しくするケースもあります。もし、壁紙を交換したほうがいいかどうかで迷っているなら、専門業者のスタッフに相談して、これからの使用においてよりよい選択肢を教えてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ