コンテンツ

節水のためのトイレリフォーム

トイレの交換をするときに節水型のものを選ぶと、交換後の水道代の節約になることがあります。また、古いタイプのトイレを使用している場合は、電気代の節約にもなるでしょう。節水型トイレに交換することのメリットと業者選びのポイントについて紹介します。

■節約の効果は10年間で約15万円にもなる

古いタイプのトイレから節水機能があるトイレに交換すると、節水と節電で10年間で約15万円の節約となることがあります。和式から洋式トイレに交換するときの設置工事費が約10万円から15万円ほどかかりますので、設置工事費は10年間で回収できる計算になります。
新しいトイレを使うことができ、家計の節約もできることが節水タイプにトイレリフォームをすることのメリットになります。

■トイレリフォーム業者選びのポイント

トイレリフォームを検討するときは、業者選びにも注意を払う必要があります。トイレリフォームの実績がたくさんあるのはもちろん、給水装置工事主任技術者がいる業者を選ぶと安心です。主任技術者というのは、厚生労働大臣がリフォームに必要な知識や技術、技能を有していると認定された人のことです。技術的に優れているのはもちろん、幅広い知識に基づいたさまざまな提案をしてくれますので、トイレリフォームを考える上でも強力なサポートをしてくれます。

■まとめ
古いタイプのトイレから節水機能があるトイレに交換することで、10年間で約15万円の節約効果となることがあります。トイレが新しくなり節約にもなるのが、節水型のトイレに交換することのメリットとなります。また、トイレリフォームの業者を選ぶ際は、給水装置工事主任技術者がいるところを選ぶのがポイントです。リフォームを考えている段階から幅広い知識に基づいてさまざまな提案をしてくれます。プロの提案を参考にして、工事内容を検討していきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ