コンテンツ

バリアフリーのためのトイレリフォーム

トイレ交換などのリフォームをするときは、同時にトイレ自体をバリアフリーに変えることもできます。バリアフリーというのは、障害や障壁がないという意味ですが、トイレの場合は入口やトイレ内の段差をなくすことを意味します。こちらでは、バリアフリー仕様にすることのメリットと合わせて検討したい工事について説明します。トイレの交換などをする際の参考にしてみてください。

■段差でつまずく心配がなくなる

トイレリフォームでバリアフリー仕様にするメリットは、段差によるつまずきや転倒事故の予防になることです。足腰が弱いお年寄りのいる家庭では、わずかな段差でもつまずく危険性があります。トイレは頻繁に利用する設備ですので、安全のためにバリアフリーにしておくとメリットが大きくなります。お年寄りがいる家庭でトイレの交換を検討する場合は、水回りの専門業者に相談するとよいです。

■入り口ドアの変更も検討

トイレの入り口の段差をなくすとトイレのドアの下にすき間ができることがあります。このすき間解消のためにトイレのドアの交換をすることがありますが、この際、引き戸への変更も検討するのがおすすめです。トイレのドアを引き戸にすることで、車いすでも利用しやすい設計にできたり、介護をしやすいような設計に考えることができます。トイレに関する悩みや気になる点があるときは、水周りの専門業者に相談して、どのような解決方法があるのかアドバイスを受ける方法が有効です。

■まとめ
トイレリフォームでは、トイレの交換と同時にバリアフリー仕様にすることも可能です。そうすることで、小さな段差でもつまずく可能性があるお年寄りも安心して利用できます。また、トイレの入口のドアを引き戸に変更することも可能です。引き戸にして、車いすでも使いやすいトイレを設計することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ