トイレリフォーム完成までの流れ

トイレリフォーム完成までの流れ これまで和式のトイレを使っていたけど、洋式トイレに交換したいという場合など、水回りの専門業者に依頼してトイレリフォームをすることができます。トイレリフォームでは、便器を交換する作業のほかにも壁紙を明るいものに交換したり、バリアフリー化や手すりの設置なども可能です。また、トイレの便器を交換する場合でも、新しいタイプの節水型を選んだりトイレタンクがないタイプのものを選ぶこともできます。
こちらでは、トイレリフォームでどんなことができるのかについて紹介しています。トイレリフォームを依頼した場合の相談から完成までの流れについて説明します。

■まずは水回りの専門業者によるトイレの確認

はじめに、トイレリフォームを検討する場合は、自分1人で考えるよりも水回りの専門業者に相談しながら行うのがおすすめです。自分1人では、リフォームの工事でどのような選択ができるのか分かりませんが、専門家に相談しながら進めれば、あらゆる可能性について提案してもらえます。たとえば、便器の交換をする場合なら、トイレのスペースを考慮して省スペース型を提案してくれたり、予算に応じて和式便器の上に取り付けるタイプのものを提案してくれることもあります。水回りの専門業者への相談は無料でできますので、できるだけ早いタイミングで無料相談をしてもらといいでしょう。

■見積りとリフォームの申込み
リフォームで交換する便器などが決まったら、その内容で工事の見積もりをしてもらいます。見積もりの内容をしっかりと確認して、リフォームの決意が固まったら申込みをします。もし、見積もりの内容で気になる点があったり、気が変わって変更してほしい部分が出てきたときは、遠慮なく担当者に伝えましょう。その後、あらためて見積もりを作成してもらい、自分が納得できるまで粘り強くサポートしてもらえるところにお願いしましょう。正式な申込みが済んだら、あとは水回りの専門業者が段取りなどを考えて、スムーズにリフォームの工事を進めてくれます。

■リフォームの工事について

トイレリフォームの工事期間は、行う作業により違いはありますが、2日から3日程度かかることがあります。工事期間中にトイレが使えなくなることを心配するかもしれませんが、そのような点についても担当者に相談できます。できるだけ短期間で工事を終わらせてほしいという希望を伝えると、できる限りの対応をしてもらえます。他にも工事中の騒音で隣家に迷惑がかかるのではないか、といった問題についても事前に相談しておくと安心です。

■まとめ
和式から洋式トイレに変えたいという場合は、水回りの専門業者にトイレリフォームの相談してみるのがおすすめです。リフォームでは、便器の交換だけでなく、壁紙なども新しくすることができます。トイレのリフォームを検討する場合に最初にすることは、水周りの専門業者からアドバイスを受けることです。自宅にあった便器を提案してもらったり、予算に合わせた簡易的な洋式トイレなどを提案してくれます。
その後、正式な見積もりをしてもらい、リフォームをすると決めたタイミングで工事の申込みをします。もし、見積もりに問題があったり、なにかの事情でプランを変更したいときでも、担当者が快く対応してくれるでしょう。
なお、リフォームの工事をしている際中にトイレが利用できない期間についてどうするのかと心配するかもしれません。そのような点についても事前に確認するのがおすすめです。できる限りの要望を聞いてくれますので、気になる点はなんでも相談するといいでしょう。まずは、トイレリフォームを考えていることを伝え、無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース